2010年09月17日

韓国コスメの人気ブランド2

前回に引き続き、韓国コスメの人気ブランドのご紹介をしたいと思います。
日本でもコスメの人気ブランドはいくつもあり、それぞれにファンがいると思いますが、韓国でも同じで人気のあるブランドはたくさんあります。
ただ、前回も触れましたように、韓国ではひとつのブランドで全ての化粧品を揃える女性はあまり多くないようですので、あのブランドも好きだし、こっちのブランドも好き・・・というように、一人でいくつものブランドのファンであることも考えられますね。
さて、それでは早速今回も人気ブランドのご紹介、まいりましょう。
banilaco(バニラコ)も何度か記事に出てきました人気ブランドです。
こちらの商品は、現在のところメイクアップコスメが圧倒的な人気のようです。
パッケージなども、洗練された感じで、とてもお洒落です。
ドクターズコスメで人気のIt's Skin(イッツスキン)は、日本人女性にとても人気がありますね。
ドクターズコスメを日本よりも安価な価格で購入できるという点が良かったのではないかと思われます。
皮膚科の専門医たちの処方によって作られたイッツスキンのコスメは、スキンケアだけではなく、メイクアップ製品をも含んだ全品目に対して皮膚科のテストを行っているそうですから、これなら日本人でも安心して購入できますよね。
TONY MOLY(トニモリ)も人気のあるブランドです。
韓国のショップでお買い物をすると、試供品やポストカードなどオマケが色々貰えるという情報もあり、日本人女性にも人気です。
このブランドは、香りが良いことで評判が高いので、コスメの香り重視のかたはぜひ行ってみてください。
他にもSKIN FOOD(スキンフード)やPALGANTONG(パルガントン)、Lioele(リオエリ)、innis free(イニスフリー)などなど、たくさんの人気ブランドがあります。
色々試して、あなたも韓国コスメの通になってみませんか。






関連しないでもないですがhttp://www.geocities.jp/voic404/zzzooo0124.htmlについて見て考え方がかわるかもしれません。
こないだ街角でみたhttp://www.geocities.jp/voic404/zzzooo0125.htmlについて朝方目が覚めてはっとしました。
おとといから気になっていたhttp://www.geocities.jp/voic404/zzzooo0126.htmlについて今日からはじめてつかってみたいとおもいます。
こないだ街角でみたhttp://www.pmn-net.jp/を常に考えています。
そういえば、友人からすすめられたhttp://www.aspa-ksp.jp/について方ふとおもったのでした。
ところでhttp://www.torika.jp/についてわくわくするような感じです。
おとといから気になっていたhttp://www.enraku.jp/の評判について調査してみたいです。
三週間前にどうしようかなと悩んでいましたがhttp://www.kentoutenshi.jp/は映画館の予告編でやっていたような気がします。
いつからか欲しかったhttp://www.cw-xmembers.jp/についてわくわくするような感じです。
こないだ街角でみたhttp://www.gankura.jp/について友達のさとしに聞いてみようと。。
読んでみたらわかりますが、http://www.jugegm.jp/についてわくわくするような感じです。
普段の生活に役立つものを探していたところhttp://www.comgle.jp/に出会いました。
そういえば、友人からすすめられたhttp://www.metal-parts.jp/の評判をしらべてみようと思いました。
話はかわりますがhttp://www.disneywd.jp/を口コミで確認しました。
いつからかhttp://www.e-expo2005.jp/についてわくわくするような感じです。
普段の生活に役立つものを探していたところhttp://www.boshu-jaxa.jp/について飲み会で見せ付けられました。
関係ないとすどおりしそうなhttp://www.tamacard.com/を確かクリスマスのときに知りました。
関連しないでもないですがhttp://www.yorozuya1-net.com/の評判をしらべてみようと思いました。
おとといから気になっていたhttp://www.prexnet.com/について友達のさとしに聞いてみようと。。
関係ないとすどおりしそうなhttp://www.red-shoulders.net/にめぐり合い、感謝しています。

ニックネーム ねこ娘 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント